軽自動車とコンパクトカー買うならどっち?

こんにちは、鈴木自動車販売です!

今日は軽自動車とコンパクトカーどちらを買うか

決めるお手伝いが出来たらと思います。

 

どちらも、小さなサイズ、維持費の安さ、燃費よさという共通点があります。

違うのは、『普通車』か『軽自動車』くらいだと思っていませんか?

実はほかにもあるのです!

1番、忘れてしまいがちですが

軽自動車は4人乗りまでしかない!ということです。

どんなにサイズの大きな軽自動車でも、乗車定員は4人までと決まっています。

コンパクトカーは5人までです。

 

乗車人数で悩んでいる方は

何人乗る予定があるかを考えてみてください。

4人以上乗ることがない、普段はひとりで買い物が多いなどの場合は

軽自動車がおすすめです。

 

 

走行性能は、軽自動車は排気量660ccに対し

コンパクトカー1000~1500ccが基本です。

走る車がいい!!!

という方は、コンパクトカーのほうが無理なくスイスイ走ります。

 

 

一番気になる維持費は、

断然、軽自動車のほうが安いです。

燃費は、軽自動車のほうがいい車が多いです。

(軽自動車でもターボ搭載車は燃費が落ちます)

 

維持費の大きな違いは、税金でしょうか。

 

軽自動車は毎年収める自動車税がやすい。

軽自動車は10,800円に対し

コンパクトカーは1000ccで29,500円

1001~1500ccで34,500円

最低でも年間で2万円近く変わってきます。

 

重量税は、車検一回につき

軽自動車は6,600円

コンパクトカーは、1000ccは16,400円

1001~1500ccは24,600円

こちらも、最低10,000円近く変わります。

 

こう見ると、軽自動車のほうが維持費が安いのがわかります。

 

何年も乗り続けるとその差はどんどん開きます。

 

まとめ

 

このような感じで、気になることをどんどん比較してみてください!

車を選ぶ中で1番重要視するとこを、追求してみるといいかもしれません。

好きなデザイン、乗りたい車を選ぶのもとってもいいと思います!

ぜひ、最高の1台を見つけてください!!