あおり運転の罰則

はじめに

こんにちは!

鈴木自動車販売です!

今回は本日(2020.6.30)から、あおり運転の取り締まり

厳しくなるよ!ってお話をします!

あおり運転とは

数年前から、あおり運転による悪質な事件や

危険行為がある!とニュースやネットで

取り上げてもらえるようになりましたね。

あおり運転とは

特定の車に対する威嚇行為や危険行為のことです!

進路妨害や急停車、無理な幅寄、不必要化クラクション

前方車両へのハイビームやパッシングなど

あからさまな悪意のある運転の仕方です。

僕も何度かあおり運転をされたことがありますが

普段の運転でも、周りに気を張っている中

後方からのあおり運転は、走行の大きな支障になり

進路妨害をされると、急ブレーキを踏み

危険を回避しなければなりません。

こんな行為に対する、罰則が無いなんて信じられない!!

と、驚いていましたが

遂に、厳しくしてくれるのですね!!!

ありがとうございます!!!

どう厳しくなるのか

まずは、警察庁から公開されたポスターを見てみましょう!

[警察庁 公式ページ より]

https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/aori.html

表紙の一番大きい文字が

『あおり運転は犯罪!!免許取消!!』

こんな最高なうたい文句あります?!

あおり運転する側には、こんな分かりやすい警告はないし

あおり運転される側には、安心感を持ってもらえます!

イラストも、いい味出してますね!!!

作った人の、あおり運転許さない感がとっても好感持てます!

さて、詳しい内容ですが

画像に書いてある通り、あおり運転したという事実で

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

違反点25点  免許取り消し(欠格期間2年)

あおり運転のせいで危険が生じた場合

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

違反点35点  免許取り消し(欠格期間3年)

そうめちゃくちゃ厳しくなりました。

これで法律で、あおり運転をする人が減って

悲しい事故が無くなっていけば、

安心して暮らせる環境が増えます。

まずは、あおり運転をされないためにも

私たちも思いやりのある運転を心がけましょう。

でも。いざ

あおり運転をされた場合どうしたらいいの?

そんな時は

ドライブレコーダーがおすすめ

あおり運転をされた!

そのせいで事故にあった!と警察に訴えても

相手がそれを否定した場合、

口頭ではなかなか証拠になりません。

そんな時は百聞は一見に如かず!

ドライブレコーダーでその一部始終を

録画してしまえばいいのです。

自分が確実に安全な運転をしていて

あおられ、事故した場合なんて特に強い味方に

なってくれます。

ドライブレコーダー付けようか迷っている方も

この、法律ができたのをいい機会に

ドライブレコーダーを取り付けてみませんか?

もしもの時に頼りになる

そんなドライブレコーダーを

鈴木自動車販売は取り扱っています。

購入から取り付けまで一貫して

行うため、お客様が自分で取り付けて設定する手間は

一切ありません。

詳しくは是非一度お問い合わせください!

安心安全のドライブを楽しみましょ!!